北のミサイル施設特定 米研究機関発表に「把握済みの内容」=韓国

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官は13日の定例会見で、北朝鮮が申告していないミサイル基地と推定される20カ所の施設のうち、少なくとも13カ所の場所などを特定したと米シンクタンクの戦略国際問題研究所(CSIS)が発表したことについて、「韓米の情報当局がすでに把握していた内容だ」と述べた。CSISの発表は商業用衛星写真を基にしたものだが、韓米情報当局は軍事用衛星ではるかに詳細に把握し、綿密に注視していると説明した。

 CSISが特定した施設の一つとして南西部の黄海北道サッカンモルにあるミサイル基地を挙げたことに対し、金氏は「短距離ミサイル用」と述べた。大陸間弾道ミサイル(ICBM)や中長距離弾道ミサイルとは関係のない基地だとの説明だ。

 CSISの分析を巡り、米紙ニューヨーク・タイムズが北朝鮮は「大きなごまかし」をしていると報じたことについては、「北がこのミサイル基地を廃棄すると約束したことはなく、当該基地の廃棄を義務付けるいかなる協定も結んだことはない」と指摘した。

 また、CSISがサッカンモルのミサイル基地などを「未申告の基地」と表現したことに対しても、金氏は「申告をしなければならない協約も、交渉も存在しない。申告を受ける主体もない」と述べた。その上で、むしろこうしたミサイル基地の存在そのものが「北の脅威をなくすための朝米(米朝)対話をはじめとする交渉と対話の必要性を際立たせている」と指摘した。

 金氏は、北朝鮮の立場を釈明するかのような発言内容だと指摘を受けると、「朝米対話が必要な時期に『未申告』『ごまかし』といった言葉がともすれば誤解を招きかねず、交渉の実現を阻害しかねないため申し上げた」と説明した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース