強制徴用判決 韓国進出企業対象に説明会開催へ=在韓日本大使館

【ソウル聯合ニュース】韓国の大法院(最高裁)が新日鉄住金に対し日本による植民地時代に強制徴用された韓国人被害者への賠償を命じたことについて、在韓国日本大使館が15日、ソウル市内で韓国進出企業などが加入する「ソウルジャパンクラブ(SJC)」の法人会員を対象に説明会を行う。

 判決後、日本政府側が韓国で企業説明会を開くのは初めて。

 SJCには約400社が加入しており、説明会には多くの企業関係者が出席する見通しだ。

 日本政府は今月6日、日本で判決関連の企業説明会を開いている。当時、企業関係者からは両国の経済・文化交流は続ける必要があるなどの意見が出たという。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース