韓国軍当局「北のミサイル運用地域を全て監視」

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が申告していないミサイル基地を特定したとする米シンクタンクの戦略国際問題研究所(CSIS)の発表と関連し、韓国軍当局は13日、北朝鮮内のミサイル運用地域は全て監視していると明らかにした。

 軍の関係者はこの日、聯合ニュースの取材に対し、CSISが特定した基地の一つがある黄海北道黄州郡のサッカンモルを含む北朝鮮の全てのミサイル運用地域は韓米の関連機関が綿密に監視していると話した。 

 CSISは12日(現地時間)、北朝鮮が申告していないミサイル基地と推定される約20カ所の施設のうち、少なくとも13カ所を確認したとする報告書を発表した。

 これと関連し、国防部の崔賢洙(チェ・ヒョンス)報道官は定例会見で、「(韓米軍当局が)綿密に監視していることをもう一度申し上げる」と強調した。

 韓国軍合同参謀本部の関係者も「該当地域に対してもわが軍は韓米の協力の下に監視している」と明らかにした。北朝鮮のミサイル基地の規模については、「北の地域の主な監視対象が何カ所あるかについて言及するのは適切ではないと思われる」と述べるにとどめた。

 外交部の魯圭悳(ノ・ギュドク)報道官はこの日の定例会見で「北のミサイル運用に関連した主な地域については、韓米の情報当局で綿密に監視し追跡している」と述べた。

 青瓦台(大統領府)はこの日、CSISの発表に関連し、「韓米の情報当局がすでに把握している内容だ」と説明した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース