韓国与党代表「韓国男性はベトナム女性との結婚を好む」

韓国与党代表「韓国男性はベトナム女性との結婚を好む」

 韓国の与党「共に民主党」のイ・へチャン代表が「韓国の人々はほかの女性よりベトナムの女性との結婚を好む」と発言したことを巡り、野党側が「間の抜けた妄言」と強く反発した。

 イ代表は今月3日午後、韓国国会でチン・ディン・ズン副首相(経済担当)の表敬訪問を受けた。この席でチン・ディン・ズン副首相は「韓国・ベトナム両国の協力は活発に進んでいる」として「大勢のベトナム人女性が韓国の男性と結婚して家庭を構えている。ほかの国との関係に比べ、ベトナムと韓国の関係は極めて特別」と語った。

 これに対しイ代表は「1992年の国交正常化以来26年間、(両国の関係は)実に急速に発展し続けてきた」と答え、さらに「副首相のお言葉の通り、韓国の人々はベトナムの女性とかなり結婚しており、ほかの女性よりベトナムとの女性をかなり好む傾向」と語った。

 4日にイ代表のこうした発言が伝えられると、野党側は一斉にイ代表を批判し、イ代表の謝罪を求めた。

 保守系野党「自由韓国党」のスポークスマン、宋熹卿(ソン・ヒギョン)氏は論評を出し「多文化家庭に対する侮辱と蔑視にとどまらず、女性に対する無理解と差別の感情から出た発言。政権与党の女性蔑視とセクハラ発言は今や驚くべきことでもない」とコメントした。

 宋氏は「民主党の綱領には、女性や児童・青少年など社会的弱者やマイノリティーの人権を尊重するようはっきりと規定されている。政権与党代表の、女性蔑視発言に対する心のこもった謝罪を正式に要求する」と語った。

ユ・ビョンフン記者
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 韓国与党代表「韓国男性はベトナム女性との結婚を好む」

right

関連ニュース