正恩氏のソウル訪問 「歓迎」61.3%=韓国世論調査

【ソウル聯合ニュース】韓国調査会社のリアルメーターが6日に発表した世論調査結果によると、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)のソウル訪問について、「南北の和解と朝鮮半島の平和に役立つため歓迎する」との回答が61.3%を占めた。「北の偽りの平和攻勢にすぎないため反対する」は31.3%、「分からない」または無回答は7.4%だった。

 調査は全国の成人500人を対象に5日に実施された。全ての地域、年齢層で金委員長のソウル訪問を歓迎するとの回答が優勢だった。ただ、自由韓国党や正しい未来党などの保守系野党支持層と保守層では反対が上回った。

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領と金委員長は9月に行った南北首脳会談で、金委員長が近いうちにソウルを訪問することで合意した。韓国側は年内に招きたい考えだが、実現するかどうかは不透明だ。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース