地震被害のインドネシアに750万ドル追加支援へ 韓国政府

【ジャカルタ聯合ニュース】韓国政府は大きな地震や津波で大規模な人命被害を受けたインドネシアに被災地の復旧費用などとして、750万ドル(約8億4600万円)を支援する。金昌範(キム・チャンボム)駐インドネシア韓国大使がインドネシア国家開発企画庁のバンバン長官に支援の意思を伝えた。

 地震発生後、韓国政府はインドネシアに100万ドルを支援し、テント160張りを送るなど、計250万ドル相当の支援を行っていた。

 だが、被災地ではいまだに4万世帯以上が野宿のような生活を送っている。確認された死者数は2081人で、1309人が行方不明となっている。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース