「韓国旅行は百済の古都へ」 扶余郡が日本で観光説明会

【扶余聯合ニュース】韓国の忠清南道扶余郡が大阪や福岡、長崎など日本の都市に担当者を派遣し、日本人観光客の誘致活動を行っている。

 同郡は4日に大阪で現地旅行会社の関係者らを対象に観光説明会を開いた。7日まで主要都市を回り、百済の古都として知られる扶余の世界遺産をはじめとする見どころとグルメ、楽しみ方などを紹介する予定だ。「百済文化祭」など地元の主なお祭りをPRする。現地の旅行会社にも直接赴き、扶余の観光商品を説明する計画だ。

 扶余郡の朴政賢(パク・ジョンヒョン)郡守(郡の首長)は「日本人観光客を呼び込むには百済文化を基盤とした継続的な広報が重要。日本人客のニーズに合わせた観光コースの開発など、観光インフラの整備にも力を入れたい」と話している。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース