北朝鮮外相の訪中を注視 「中国と緊密に意思疎通」=韓国政府

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の当局者は6日、北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相の中国訪問と関連し、「(中朝協議の)日程や議題など関連動向の把握に努めている」と記者団に語った。

 当局者は、今年の朝鮮半島情勢の進展に伴い北朝鮮と周辺国間の高官級接触が増加し、朝中(中朝)も着実に高官級交流を続けてきたと説明した。

 その上で、「韓中政府は完全な非核化と朝鮮半島の恒久的な平和定着という戦略的目標を共有し、緊密な意思疎通と協力を行っている」と強調した。

 北京の消息筋によると、李氏が率いる北朝鮮代表団はベトナムとシリア訪問を終え、同日午後に北京国際空港に到着する予定とされる。李氏は中国側から、先の米中首脳会談の結果について説明を受けるとみられる。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース