「韓国製」の看板を掲げて商売する中国企業

韓国製造業への投資加速

「韓国製」の看板を掲げて商売する中国企業

 韓国非鉄金属協会は今月2日、中国のアルミニウム企業による韓国進出に反対する声明を発表した。中国のアルミニウム製造大手、河南明泰アルミニウム業が先月、全羅南道光陽市に400億ウォン(約40億6000万円)を投資し、年12万トンのアルミニウム製品を生産する工場を建設する投資契約を光陽湾圏経済自由区域庁と提携したことに反発したものだ。鉄鋼・非鉄金属関連の中国企業による韓国進出は初めてだ。明泰は600億ウォン規模の第2次投資計画も立てている。鉄鋼業界関係者は「中国企業は最近、非鉄金属だけでなく、鉄鋼製品の工場を韓国に設置したいと打診してきている。中国が製造業の基礎素材である鉄鋼・金属の国内市場を狙っている」と危機感をあらわにした。

 これまで不動産、サービス分野に集中していた中国企業の対韓国投資が最近、製造業へと広がりを見せている。今年上半期の中国企業による対韓投資は22億ドル(約2,486億円、申告ベース)で過去最高を記録した。同じ期間の韓国企業による対中投資(18億4000万ドル)を上回った。半期ベースとはいえ、中国の対韓投資が韓国の対中投資を上回ったのは初めてだ。特に韓国に対する中国の製造業投資は5億7000万ドルで、前年同期の6倍だ。サービス業分野の伸び率(3倍)を大きく上回る。韓国産業通商資源部(省に相当)は「不動産中心の投資が半導体、再生可能エネルギーなど新産業に拡大している」と分析した。

李性勲(イ・ソンフン)記者
前のページ 1 | 2 | 3 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 「韓国製」の看板を掲げて商売する中国企業

right

関連ニュース