「大雪」に初雪、済州・漢拏山

「大雪」に初雪、済州・漢拏山

 二十四節気の一つ「大雪」に当たる7日、済州島の漢拏山1100高地付近では、木の枝にできた樹氷を背景に観光客が写真を撮り、楽しい一時を過ごしていた。樹氷は、気温が氷点下まで下がり、霧など大気中の細かな水滴が樹木など冷たい物体と接触する際に生じるもので、「木の霜」とも呼ばれる。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 2

left

  • 「大雪」に初雪、済州・漢拏山
  • 「大雪」に初雪、済州・漢拏山
  • 「大雪」に初雪、済州・漢拏山
  • 「大雪」に初雪、済州・漢拏山
  • 「大雪」に初雪、済州・漢拏山

right

関連ニュース