北朝鮮外相「朝鮮半島非核化の立場に変化ない」

【北京聯合ニュース】中国を訪問している北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相は7日、王毅国務委員兼外相との会談で、北朝鮮の朝鮮半島非核化の立場に変化がないと明らかにした。

 中国外務省によると、李氏は、北朝鮮が朝鮮労働党の重大決定を履行するために平和な外部環境醸成の努力を傾けていると述べた。

 また、北朝鮮が努力するなか、朝鮮半島に温和な局面が現れているとしながら、「南北和解が実質的な進展をみせ、朝米(米朝)首脳会談が実現し共同声明を発表した」と語った。

 李氏は、北朝鮮が朝鮮半島非核化に向け注力しているとした上で、「朝鮮半島の平和と安定の維持に対する立場に変化はない。朝米間の相互信頼に基づき、同じ方向に進むことを望む」と強調した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース