ローマ法王 朝鮮半島緊張緩和のための対話を支持=新年あいさつ

【バチカン聯合ニュース】ローマ法王フランシスコは7日(現地時間)、朝鮮半島の緊張緩和のために現在進行されている当事国間の対話を好意的に見守っていると明らかにした。 

 また、対話が進展し朝鮮半島の今後の発展と協力を保障できる永続的な解決策が導き出されることを願うと述べた。

 法王はこの日、バチカン(ローマ法王庁)で行われた外交団に対する新年のあいさつで、世界の平和と共存、弱者のための共同の努力などを呼びかけ、平和のための対話が行われている朝鮮半島の状況に言及した。 

 法王は「朝鮮半島で肯定的な信号が感知されている」とし、「法王庁は(南北和解のために)現在進行中の対話を好意的に見ている」と歓迎した。

 また「もう少し複雑な議題も建設的に議論され、南北のすべての人とこの地域の今後の発展と和解、協力を保障できる南北共同の永続的な解決策が導き出されるように願う」と述べた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース