性的暴行:元コーチが被害者3人と和解、沈錫希選手の「決断」に影響か

性的暴行:元コーチが被害者3人と和解、沈錫希選手の「決断」に影響か

チョ元コーチは「事実無根」主張

 性的暴行の疑いで沈錫希選手に告訴されたチョ・ジェボム元コーチ=写真=側は9日、「性的暴行は事実無根だ」と主張した。チョ元コーチの弁護士は本紙の電話取材に対し、「チョ元コーチと面会したが、沈選手の主張に非常に当惑していた。性的暴力には絶対に及んでいないと潔白を訴えている」と説明した。

 一審で懲役10月の実刑判決を受け服役中のチョ元コーチは14日、控訴審の判決公判を控えている。チョ元コーチは他の暴行被害者3人とこれまでに和解した。しかし、うち2人は沈選手による性的暴行被害暴露を受け、和解取り下げ書を裁判所に提出したとされる。チョ元コーチはこれまで、裁判所に22回にわたり反省文を送っている。法曹界関係者は「チョ元コーチが初犯である上、沈選手以外の被害者と一時和解に達したことからみて、執行猶予で釈放される可能性はある」とした上で、「そうした点が沈選手が性的暴行の疑いで告訴を決心する上で影響を与えたのではないか」と指摘した。

ユン・ドンビン記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 性的暴行:元コーチが被害者3人と和解、沈錫希選手の「決断」に影響か

right

関連ニュース