強制徴用:日本、文大統領発言に激高「韓国の方が政治争点化」

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は10日の新年記者会見で、韓日関係について原則論に基づいて断固とした立場を示し「日本政府は謙虚になるべき」と強調した。

 さらに、慰安婦問題や強制徴用賠償問題など歴史問題に関連する懸案について「日本の政治指導者たちが政治争点化して問題を拡散しているのは賢明な姿勢ではない」と日本を真っ向から批判した。強制徴用賠償問題をめぐっては、三権分立に言及し、韓国政府として司法の判断を尊重することを強調した。

 文大統領のこうした発言は、日本政府と日本の世論を刺激する可能性が高い。文大統領が問題の解決策ではなく日本政府批判に重きを置いたからだ。文大統領の会見を速報した朝日新聞の電子版の記事には「韓国大統領が日本批判『政治家が争点化、賢明でない』」というタイトルが付けられていた。

 日本政府やマスコミの知韓派たちは、NEWSISの取材に対し「韓国の大統領が日本を叱責するのか」「韓日関係の未来について話しながら、過去にさかのぼって政治争点化しているのは日本ではなく韓国ではないか」と激高した様子で語った。

チョ・ユンヨン特派員
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース