不正投票にボイコット…韓国音楽賞レースでファン暴走

不正投票にボイコット…韓国音楽賞レースでファン暴走

 男性アイドルグループ防弾少年団(BTS)のファンクラブ「ARMY(アーミー)」が、今月15日に行われる「High 1ソウル歌謡大賞」の人気賞投票をボイコットした。防弾少年団ファンの簡易投稿ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「ツイッター」には「#ソ歌大(ソウル歌謡大賞)投票ボイコット」「#ソ歌大 良心はどこへ」「#ソ歌大 ボイコット」などのハッシュタグが付けられた書き込みが続いている。投票締め切り前日に当たる10日午後5時ごろのソウル歌謡大賞公式ホームページ人気賞投票現況を見ると、防弾少年団の得票率は1.2%に過ぎなかった。

 ボイコット理由の一つは、今月5日に行われた「第33回ゴールデンディスクアワード」で発生した不正投票だ。この問題は人気賞の投票が終わった先月31日の投票締め切り4時間前に起こった。前日2位だった防弾少年団が別の男性アイドルグループEXOを抑えて1位に立っていた。ファンたちは1分に1回投票数を確認し、ツイッターで投票を呼びかけていたが、このさなかにEXOファンのアカウントのうち17万人のフォロワーを抱えるツイッター・ユーザーがゴールデンディスクアワードのホームページをハッキングする方法をシェアしたのだ。このユーザーは「IDを無限に作れる」としてハッキングを誘導、不正投票を呼びかけた。このため、防弾少年団のファンたちは「10万票以上後れを取っていたEXOが、わずか数時間で防弾少年団の得票数に追いついた」と主張している。同日のゴールデンディスクアワード人気賞は防弾少年団に贈られた。

キム・スギョン記者
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 不正投票にボイコット…韓国音楽賞レースでファン暴走

right

関連ニュース