「文政権の対日外交軽視は運動圏出身者スタッフの影響」記事への韓国読者コメント

■賛成順

パク・ソンギ(webf ****)さん

日本は韓国を正確に見ているようだ。文在寅(ムン・ジェイン)政権の対日政策はその左翼たちの政策に過ぎない。大韓民国国民の意思とは対照的なものだ。大多数の韓国国民は日本のことを、肩を組んで自由民主主義に向かって共に進むべき隣人だと考えている。日本はこの厳然たる現実を正確に認識して対韓政策を立ててほしい。

賛成68反対1

ノ・サンチョル(noh ****)さん

日本の知人がこう言った。「大統領府は絶対に運動圏(市民運動・学生運動)のレベルを脱することができないだろう」。今、世界では運動圏式の世界観を脱してかなり経つ。理念に身を浸した人々の欠点は、思考が柔軟でないことだ。最終的には柔軟なものが栄えるし、勝つ。

賛成66反対3

キム・グォンハン(kkh ****)さん

日本の判断は正しい。386(1990年代に30代で1980年代に大学に通った1960年代生まれの世代)運動圏のやつらが自由大韓(民国)を台無しにしつつある。国の安保は実体を見て守らなければならない。外交も同じだ。実事求是(事実に基づいて真理を探究すること)で進めるべきだ。とにかく反日だというのは感情的な争いであり、得にならない。国際社会で生きていかなければ、国の安全保障も担保されない。安保と外交をうまくやって初めて国民の生活も良くなる。国民の前で反日感情を前面に押し出し、政権を維持する政党は稚拙で無能だ。国益のための安保外交・経済外交が切実に求められる。

賛成64反対1

前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース