韓国中部のホテルで火災 15人搬送

【ソウル聯合ニュース】14日午後4時56分ごろ、韓国中部の天安市にあるホテル「ラマダ・アンコール・天安」で火災が起き、消防当局が消化作業を行っている。現在までに煙を吸った15人が病院に搬送された。

 当時、ホテル内には宿泊客15人と職員42人がいたもようだ。

 消防当局関係者は「地下で火花が見え、煙が出始めたという通報があった」と明らかにした。

 ホテルは21階建てで420室がある。昨年9月にオープンした。

ホテルで起きた火災=(聯合ニュース)[https://youtu.be/Ar7ZlhAAm5A]

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース