韓国・新羅ブランドのホテルがベトナムに 免税店に続き海外進出

【ソウル聯合ニュース】韓国サムスングループ傘下のホテル新羅が年内にも「新羅モノグラム」という新ブランドの高級ホテルをベトナム・ダナンにオープンする。同社は15日、「早ければ年末のベトナム・ダナンを皮切りに、東南アジアや米国、中国など海外約10カ所に進出し、グローバルホテルへと飛躍する計画だ」と明らかにした。

 運営まで「新羅」ブランドを冠したホテルの海外進出は初。ダナンの新羅モノグラムは委託運営とする。また、2021年にはシリコンバレーで知られる米サンノゼに高級ビジネスホテル「新羅ステイ」をオープンする予定だ。
 
 ホテル新羅のホテルブランドは、韓国国内で運営するラグジュアリーホテル「ザ・新羅」と、海外で展開予定の高級ホテル・新羅モノグラム、韓国で運営中で今後海外にも設けるビジネスホテル・新羅ステイの3ブランド体制となる。

 同社はホテルと免税店事業を手掛けている。免税店事業の世界進出により、2018年の売上高に海外が占める割合は2割を超えた。ホテル事業でも海外に進出すれば、グローバル企業への成長にさらに弾みがつきそうだ。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース