【コラム】李承晩・朴正煕の「成功の韓国史」抹殺する文政権の陰謀

【コラム】李承晩・朴正煕の「成功の韓国史」抹殺する文政権の陰謀

 中国の国家行事が開催されるたび、最高指導者が必ず行うことがある。歴代の指導者たちをたたえる言葉を述べることだ。昨年12月18日の改革・開放40周年における習近平・国家主席もそうだった。「毛沢東同志は中華人民共和国を建国し、トウ小平同志は改革・開放の歴史的決断を下した。江沢民同志は『3つの代表』思想で社会主義市場経済の目標を示し、胡錦涛同志は科学的発展観を通じて全面的な小康(物質的に快適な)社会の建設により理論的創造を成し遂げた」。

 これらの賛辞はもちろん、「歴史解釈の権限」を独占している中国共産党の一方的な結論だ。それでも、このような発言が社会統合に役立つと彼らは信じている。では、韓国社会はどうだろうか。

 韓国は中国よりも学問研究が自由で、討論を通じて異なる意見をよりうまく調整できる国だ。しかし、現実はそのようにできていない。客観的原則や基準がないまま、ダブルスタンダード(二重規範)で人物を評価し、歴史を反対派の攻撃手段だと見なしているからだ。韓国の誇るべき「建国と発展」の歴史が「恥ずかしい歴史」にすり替えられ、若者の心に刻みつけられている。

 ダブルスタンダードによって歴史認識に混乱を来した代表的な事例は、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領=当時=が2003年7月に中国・清華大学でした発言だ。盧武鉉大統領は尊敬する中国の政治家に毛沢東とトウ小平を挙げた。2人は中国の「建国」と「経済発展」を成し遂げた指導者だが、同時に数千万人の自国民を餓死させたり、戦車で数千人の大学生をひき殺したりした残酷な独裁者でもある。盧武鉉大統領は中国の「独裁者」を尊敬する一方で、韓国の「建国」の主役(李承晩〈イ・スンマン〉元大統領)や「経済発展」の主役(朴正煕〈パク・チョンヒ〉元大統領)はこき下ろした。歴史上の人物の評価で公平性を欠いたものだ。

前のページ 1 | 2 | 3 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 【コラム】李承晩・朴正煕の「成功の韓国史」抹殺する文政権の陰謀

right

関連ニュース
あわせて読みたい