文大統領の旧正月ギフトに伝統菓子「油菓」 海外でも人気

【報恩聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領夫妻が旧正月(今年は2月5日)にあわせ国家有功者や社会的弱者に贈るギフトに、中部の忠清北道・報恩の名産品「油菓」(韓国伝統菓子)が選ばれた。

 油菓はソウル近郊の文化テーマパーク・韓国民俗村でも「韓国伝統の味」として20年以上にわたり販売されている。

 今回選ばれた業者の油菓は、報恩地域の特産品であるナツメが使われているのが特徴で10年以上、米国や中国・上海に輸出されている。

 また2015年に行われた景福宮の「焼厨房」(宮中の台所)復元記念行事にも納品され、昨年には食品の衛生管理方式(HACCP)認証も取得。伝統を守った製法と徹底した品質管理により、文大統領の旧正月ギフトに選ばれることになった。

 約1万人に贈られる予定の旧正月ギフトは、報恩の油菓のほか慶尚南道・咸陽の伝統酒「松筍酒」や全羅南道・潭陽の菓子などで構成されている。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース