日本哨戒機の低空威嚇飛行 「政治的でなく実務的に解決」=韓国国防部

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部の崔賢洙(チェ・ヒョンス)報道官は24日の定例会見で、日本の哨戒機が韓国の艦艇に「低空威嚇飛行」をしたことを受けて同部が23日に開いた緊急記者会見の会見者が鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官からソ・ウク軍合同参謀本部作戦本部長に変更されたことについて、「今回の事案については軍事的な対応、作戦的な部分がより意味があると考え、作戦本部長が行った」と説明した。

 また、「われわれはこの事案を政治的にみないようにしている」として、「技術的な問題であり、友好国に対する基本的で、手続き的な部分もあるため、実務的かつ客観的、科学的な証拠に基づき解決していきたい」と述べた。

 政界で日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄が主張されていることに関しては、「まだ(延長か破棄かを)決めるまで時間が残っている」として、「いろいろな事案を十分に検討する」と述べた。GSOMIAを延長するかどうかは8月ごろ決まる見通しだ。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース