韓国の対米外交当局者ら訪日へ 日本側と接触か=レーダー巡る協議に注目

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の金泰珍(キム・テジン)北米局長らが日本にある国連軍司令部の後方基地を訪問するため、訪日することが29日、分かった。日本側の米国担当の当局者らとも会談するようだ。外交消息筋が明らかにした。

 訪日は在日米軍施設を見学するためだが、米国が中心となる国連軍の施設で韓日の当局者が接触する形となり、米国が韓日間の意思疎通に関与する可能性がある。

 韓国と日本の2国間関係ではなく、米国を担当する当局者の接触であるため、韓米日3カ国の当局者が接触する可能性もある。

 3カ国接触が行われる場合、3カ国の連携に悪影響を与えるとの懸念が出ている韓国艦艇が日本の哨戒機に火器管制レーダーを照射したとされる問題や日本の哨戒機が韓国艦艇に低高度の威嚇飛行をしたとされる問題などについて意見交換するとみられる。

 米国のハリス駐韓大使が28日、韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官や康京和(カン・ギョンファ)外交部長官と相次いで会談し、哨戒機問題などについて議論したとされ、米国の仲介が本格化したとの見方が出ている。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース