1月の輸出額5.8%減少 半導体など振るわず2カ月連続減=韓国

【ソウル聯合ニュース】韓国産業通商資源部が1日に発表した1月の輸出額(速報値)は463億5000万ドル(約5兆500億円)で、前年同月比5.8%減少した。昨年12月も1.2%減だった。半導体市場の減速や米中貿易摩擦などの影響で、2016年9~10月以来の2カ月連続マイナスとなった。

 1月の輸入額は1.7%減の450億1000万ドル、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は13億4000万ドルの黒字だった。黒字は84カ月連続。懸念されていた貿易赤字は免れたものの、2018年の月平均黒字(59億ドル)に比べると大幅に縮小した。

 産業通商資源部は「1月の輸出は米中貿易摩擦といった通商環境、半導体価格と原油価格の下落などのために、半導体、石油化学、石油製品を中心に減少した」と説明。ただ、輸出量は堅調にプラスを維持しており、近ごろの輸出額減少は単価下落が主因とする。

 主要輸出先別の輸出額も12月からマイナスとなっている。1月の減少率は中国向けが4.5%、日本が3.2%、台湾が3.0%、シンガポールが4.1%と集計された。

 産業通商資源部は、半導体価格と原油価格の持ち直しが予想される下半期に輸出が改善すると見込む。 

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース