朴槿恵元大統領、獄中から黄教安元首相を批判

朴槿恵元大統領、獄中から黄教安元首相を批判

 最近になって朴槿恵(パク・クンヘ)前大統領の側近とされる柳栄夏(ユ・ヨンハ)弁護士が保守系野党・自由韓国党の次の指導者候補、とりわけ黄教安(ファン・ギョアン)元首相に対する批判を強めている。

 これについては現在刑務所に服役中の朴前大統領が柳弁護士を通じ「政治的なメッセージを送っている」との見方もある。朴前統領が政治問題について自らの立場を示すのは、2017年3月31日に身柄を拘束され刑務所に収監されてから678日ぶりのことだ。

 政界では「2月27日に予定されている自由韓国党の党大会を前に、朴前大統領が獄中政治を開始した」との声も上がっている。とりわけ党内の親朴系議員らから強い支持を受けている黄元首相への不満も隠さなくなったことで、いわゆる「朴心」が党の代表選挙で最大の鍵になるとの見方が出ているのだ。

 柳弁護士は8日に本紙との電話インタビューに応じた際「朴前大統領は周囲にそれほど多くを語ることはないが、黄元首相については直接自らの考えを口にした」とした上で「黄元首相からの面会要請を何度か断った理由についても語った。その内容を明らかにするつもりはないが、誰もがわかっているだろう」と述べた。柳氏は前日にTV朝鮮に出演した際「朴前大統領は腰痛があるため、刑務所に椅子と机を求めたが、刑務所はそれを聞き入れなかった」とのエピソードを明かした。当時は黄元首相が大統領権限代行を務めていたため、柳氏は黄元首相に対する朴元大統領の不快感を伝えているのだ。

 柳弁護士は「朴前大統領には前にもメディアに出演することを3-4回伝えたことがあるが、今回は事前に許可を受けて出演することになった」とも明かした上で「朴前大統領については健康不安説だけでなく、中には危篤との憶測も出ているので、これについて明確にするためにもメディアを通じてしっかりと現状を伝えたい」とも述べた。ただその一方で「これを獄中政治と見なすのは行きすぎた政治工学的解釈だ」と釘を刺した。柳氏の発言について自由韓国党のある関係者は「党大会を前にメッセージを出すのは、何らかの政治的意図があると考えざるを得ない」と指摘する。

キム・ドンハ記者
前のページ 1 | 2 | 3 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 朴槿恵元大統領、獄中から黄教安元首相を批判
  • 朴槿恵元大統領、獄中から黄教安元首相を批判
  • 朴槿恵元大統領、獄中から黄教安元首相を批判

right

関連ニュース