62歳女性タクシー運転手を殴打、40歳男が自首 /南楊州

 10日午前4時半ごろ、京畿道南楊州市好坪洞のマンション団地を走行していたタクシー車内で乗客の男(40)が女性運転手(62)を殴打して逃走する事件があった。加害者は約16時間後に警察に自首した。

 南楊州署によると、男はタクシーに乗車当時、酒に酔っていたという。当時の記録映像を確認した結果、男はタクシーの後部座席に座るとすぐ、「なぜこんなにタクシーが捕まらないのか」と言い、女性運転手に難癖を付け始めた。運転手が制止すると、男は運転席の方に体を傾け、ハンドルをつかむなどして運転を妨害した。そして、危険を感じて停車しようとした運転手は男にこぶしで顔を数回殴られた。男はタクシーが停車した際にそのまま逃走した。

 運転手は通報を受けて出動した救急によって、近くの病院に搬送された。運転手は顔に重い打撲傷を負い、病院で治療を受けている。運転手に脳出血が認められると一部で伝えられたのは誤りだった。捜査関係者は「未明にタクシーが捕まらず、男が腹いせで犯行に及んだとみられる」と話した。

南楊州(京畿道)=チョ・チョルオ記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース