日韓議連の額賀会長が非公開で訪韓 関係改善模索か=李首相と会談へ

【ソウル聯合ニュース】超党派の日韓議員連盟の額賀福志郎会長が12日、非公開で韓国を訪問した。複数の外交消息筋が明らかにした。

 両国関係は強制徴用訴訟の判決や韓国軍のレーダー照射問題などに加え、韓国国会の文喜相(ムン・ヒサン)議長が慰安婦問題で「天皇の謝罪が必要」と発言したことでさらに悪化している。こうした中、額賀氏が訪韓したのは関係改善に向けた打開策を模索するためとみられる。

 額賀氏は同日夕方、韓日議員連盟の姜昌一(カン・チャンイル)会長(与党・共に民主党)と会談した。13日は李洛淵(イ・ナクヨン)首相と会談するという。

 姜氏は「額賀氏と冷え込んでいる韓日関係の改善について幅広く話をした」と述べた。額賀氏が文氏の発言に抗議するため訪韓したとの見方については「まったく違う。韓日関係(の悪化)を懸念し訪韓した」と説明した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース