韓米外相 きょうポーランドで会談=米朝首脳会談の準備状況点検

【ソウル聯合ニュース】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は14日(現地時間)、ポーランド・ワルシャワで米国のポンペオ国務長官と会談を行う。両氏は中東の安全保障問題を話し合う閣僚級の国際会議に出席するため、ポーランドを訪問している。

 康氏は現地に出発する前、会談の議題について、「朝米(米朝)首脳会談を控え、ビーガン(米国務省北朝鮮担当特別)代表の平壌訪問の結果について意見交換する」として、「会談の準備過程を点検することが最も重要な議題となる」と述べていた。

 米国のトランプ大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)は27~28日、ベトナム・ハノイで2回目の首脳会談を行う予定で、康氏とポンペオ氏は朝米首脳会談の具体的な交渉戦略を最終調整するとみられる。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース