東京開催のワールド碁女流最強戦 韓国から崔精九段が出場へ

【ソウル聯合ニュース】東京で22~24日に開催される囲碁の女流世界一を決める「SENKO CUPワールド碁女流最強戦2019」(日本棋院主催)に、女流世界トップの崔精(チェ・ジョン)九段(22)が韓国代表として出場する。開催は昨年に続く2回目で、日本、韓国、中国、台湾、欧州代表の計8人でトーナメント戦を行う。

 日本代表は万波奈穂四段、佃亜紀子五段、上野愛咲美二段、牛栄子二段。中国から前回優勝の於之瑩六段、台湾から黒嘉嘉七段も出場する。優勝賞金は1000万円。

 崔九段は韓国の国内大会で9回優勝、世界大会で3回優勝した世界のトップ女流棋士。昨年のSENKO CUPでは準決勝で於六段に敗れ、3位だった。今回大会でも於六段が強力なライバルとなる。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース