ピアニストの倉本裕基 5月に韓国ツアー開催

【ソウル聯合ニュース】韓国で人気の高い日本のピアニスト、倉本裕基が5月31日にソウル・ロッテコンサートホールで来韓20周年記念公演「Cordiality」を開催する。公演企画会社が1日、伝えた。
 
 ソウル公演に先立ち、5月10日に忠清北道・清州芸術の殿堂、11日に京畿道・高陽アラムヌリ、14日に全羅南道・木浦市民文化体育センター、17日に大邱・笑顔アートセンター、18日に京畿道・烏山文化芸術会館、19日に大田・芸術の殿堂、24日に光州・国立アジア文化殿堂、25日に慶尚南道・梁山文化芸術会館、26日に江原道・春川柏嶺アートセンターでコンサートが行われる。

 倉本氏は1986年にピアノソロアルバム「愁湖」でデビュー。韓国ドラマ「冬のソナタ」「秋の童話」、韓国映画「甘い人生」「マイ・ブラザー」などに使用された曲が人気を集め、99年の初来韓公演から毎年韓国を訪れている。

 今年の公演では弦楽アンサンブルや木管四重奏、オーケストラと協演し、多彩なレパートリーを披露する。

 倉本氏は「いつの間にか韓国デビューから20年が過ぎた」とし、「韓国でコンサートを続けることができてとてもうれしい。全てファンの皆さんのおかげだ」と感謝を伝えた。

 コンサートのチケットはクラブバルコニー、インターパーク、ロッテコンサートホールのホームページで販売される。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース