PM2.5:大気汚染対策関連8法案、韓国国会で成立

PM2.5:大気汚染対策関連8法案、韓国国会で成立

 韓国国会は13日、微小粒子状物質(PM)2.5などによる大気汚染への対策などを定めた八つの法案を成立させた。新たに成立した法律は大気汚染問題を「社会災害」に指定し、政府次元で対応することを義務づけている。これらの法律成立により、これまでタクシーや障害者用に限定されていた液化石油ガス(LPG)車を今後は一般市民も購入できるようになる。国民の間で大気汚染に対する不満が高まったことで、これまで審議が進まなかった法案が一気に成立した形だ。

 この日成立した「災難および安全管理基本法改正」は大気汚染による被害を「社会災害」に指定した。その結果、政府は今後大気汚染がひどいときは国家災難事態を宣布し、中央対策本部などを立ち上げ危機管理マニュアルに基づいて対応に当たらねばならない。

 「液化石油ガスの安全管理および事業法改正」はこれまでタクシーやレンタカー、障害者用の福祉車両などに限定されてきたLPG車の利用を一般市民にも認め、普及を促すことを定めている。また「学校保健法改正」は幼稚園や小中高校の教室に大気汚染物質測定器や空気清浄機などの設置を義務づけている。

チェ・ヨンジン記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • PM2.5:大気汚染対策関連8法案、韓国国会で成立

right

関連ニュース