「被害者に申し訳ない」 V.Iが被疑者として出頭

「被害者に申し訳ない」 V.Iが被疑者として出頭

 売買春あっせんなどの疑いがもたれているBIGBANGのV.I(28)が被疑者として事情聴取を受けるため、警察に出頭した。

 V.Iは14日午後2次3分ごろ、ソウル地方警察庁に姿を見せた。この日、暗い表情で警察に出頭したV.Iはまず、頭を下げて「国民の皆さん、被害を受けた方たちに心から謝罪申し上げる」とコメントした。

 さらに、V.Iは「真摯な受け答えで誠実に調べに臨む」と述べた後、建物に入って行った。「性的接待の容疑を認めるのか」などという報道陣の質問には最後まで答えなかった。

 V.Iが警察に出頭したのは今回が二度目だ。これに先立ち、V.Iは先月27日、性的接待疑惑をめぐり、被内査者(捜査機関から内偵捜査を受けている人物)として一度、警察による調べを受けている。

 しかし、事件を捜査しているソウル地方警察庁広域捜査隊は、売買春あっせんなどの行為の処罰に関する法律違反の疑いでV.Iを正式に立件。これを受け、V.Iは今回、被疑者として初めて調べを受けることになった。

 なお、V.Iはすでに芸能界引退を表明しており、所属事務所YGエンターテインメントも契約解除を発表した。

イ・ジョンホ記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 「被害者に申し訳ない」 V.Iが被疑者として出頭

right

関連ニュース