報復措置による対立激化「望ましくない」 韓日局長級協議

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の金容吉(キム・ヨンギル)東北アジア局長は14日午後、ソウルで日本外務省の金杉憲治アジア大洋州局長と会談した。韓国大法院(最高裁)が日本による植民地時代に強制徴用された被害者への賠償を日本企業に命じた問題などについて協議したとみられる。

 韓国外交部の当局者は「(日本側の)対応措置などの問題がメディアで大きく取り上げられるのは望ましくないとの立場を伝え、日本側も望ましくないということに共感した」と明らかにした。また、「外交当局はそのようなことが起こらないよう協力し、努力していくことで一致した」と述べた。

 外交当局が経済的な報復措置により、両国の対立が高まることは望ましくないとの認識で一致したかどうかの質問には「そうだ」と応えた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース