「金正恩に非核化意思なし、トランプ大統領もハノイで理解」

 2月末にベトナムの首都ハノイで開かれた第2次米朝首脳会談で、米国のドナルド・トランプ大統領(写真)は、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長に非核化の意思がないことをようやく理解したという。ワシントンのある外交消息筋が13日(現地時間。以下同じ)に伝えた。

 金正恩委員長の非核化の意思が真剣なものかどうかについて、ホワイトハウスのジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)やマイク・ポンペオ国務長官などトランプ大統領の中心的な北朝鮮政策ブレーンは、既に懐疑的な見方を示していた。トランプ大統領自身には「もしや」という期待が少しはあったが、ハノイでの金正恩委員長の反応を見て、完全に期待を捨てたという。ブレーン陣は皆理解している事実をトランプ大統領が初めて受け入れたのが、ハノイの最大の成果だ-と複数の消息筋が伝えた。

 決定的な契機は、制裁解除と寧辺核施設を巡る金正恩委員長の態度だったという。金正恩委員長はハノイで、トランプ大統領に対し、制裁を解除してくれるよう強く要求した。ある外交消息筋は「米国側は、制裁解除はできないという立場を実務会談で北朝鮮側へはっきり伝えていたにもかかわらず、金正恩委員長が第2の代案すら準備しないまま首脳会談で制裁緩和ばかり押し付けてくるのを見て、かなりいぶかしく思った」と伝えた。

 複数の外交消息筋によると、トランプ政権では、金正恩委員長が「ハノイでトランプ大統領と向き合いさえすれば、どういう形であれ、制裁解除を引き出すことができるだろう」と誤った判断をしていた可能性が高いとみている。北朝鮮側が、トランプ大統領はこのところ米国内で政治的な危機に直面しているとみて、トランプ大統領にとっては「外交的成功」が必要な状況だから金正恩委員長の要求を簡単に聞き入れるだろうと錯覚したこともあり得る、というわけだ。会談で金正恩委員長は、制裁解除はできないとする米国の頑強な立場を確認して、いささか驚いている様子だった、という話もある。

ワシントン=姜仁仙(カン・インソン)支局長
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース