【コラム】「親日」校歌の否定、「親日」国歌の否定

【コラム】「親日」校歌の否定、「親日」国歌の否定

 今、韓国のあちこちで「親日派の人物が作った校歌をなくし、新しい校歌を作ろう」という動きが起こっている。あるテレビ番組は、親日派が作曲した校歌を歌う小中高校および大学が韓国に合計214校あることを確認した、と報じた。『全南日報』は今年1月2日からおよそ40日間、この問題を集中的に報じてきた。「親日残滓(ざんし)校歌」を持つ学校は17校あり、このうち8校が今年3月の入学式で校歌を歌わなかったという。既に新校歌を作っている学校もあるという。全国教職員労働組合(全教組)ソウル支部は、ソウル市内113校の校歌が親日派の作品だと発表した。

 全羅道地方の名門にして、植民地時代に学生独立運動の発祥地となった光州第一高校を見てみよう。来年で100周年を迎える学校だ。同校の校歌は作曲家・李興烈(イ・フンリョル)の作品だ。童謡「島の赤ちゃん」を作曲した李興烈。ところが民族問題研究所が作った『親日人名辞典』には、李興烈の名前が載っているという。そのため学校側と同窓会では校歌を変えると決め、新校歌は、光州事件を象徴する曲として歌われることの多い「君のための行進曲」を作曲したキム・ジョンリュルに任せることにしたという。

 現在の光州一高の同窓会長は金相坤(キム・サンゴン)元教育相だ。彼は、校歌を変えようという側に立っている。この件で先頭に立っている人物は、民族問題研究所光州支部長でもある金淳興(キム・スンフン)教授だ。すると、やはり光州一高同窓会長出身で国会議員を3期務め、今年80歳になる李栄一(イ・ヨンイル)元議員が反旗を翻した。彼はこう主張する。「一部の歴史学者が国民的合意もなく少数意見で作った親日人名辞典などに依拠して、一部では、校歌の作曲家(李興烈)を親日派だと追及し校歌を作曲し直すべきだという奇怪な狂態を見せている」。校歌を変えようというのは「奇怪な狂態」、すなわち狂気の沙汰だというのだ。

前のページ 1 | 2 | 3 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 【コラム】「親日」校歌の否定、「親日」国歌の否定

right

関連ニュース