非核化交渉中止検討 北朝鮮次官の発言に「再開に努力」=韓国大統領府

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)の尹道漢(ユン・ドハン)国民疎通首席秘書官は15日、北朝鮮の崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官が平壌で開いた記者会見で、米国との非核化交渉の中止を考えていると警告したことについて、「いかなる状況でもわが政府は朝米(米朝)の交渉再開のため努力する」とのコメントを出した。

 また、青瓦台のハン・ジョンウ副報道官は「崔氏の発言だけでは現況を判断できない」として、「状況を綿密に注視している」とコメントした。

 ロシアのタス通信やAP通信などによると、崔氏は「われわれは米国の要求に対し、どのような形であれ譲歩するつもりはない」と述べた。その上で、「米国は先月、ハノイで開かれた朝米首脳会談で、黄金の機会を棒に振った」とし、米国と交渉を続けるか、ミサイル発射や核実験の中断を継続するかどうかを近く決めると説明。金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が今後の対応についてほどなく声明を発表するとした。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース