非核化交渉の中止検討 核・ミサイル巡り「近く決定」=北朝鮮次官

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が米国との非核化交渉を続けるかどうか、核実験やミサイル発射の中断を継続するかどうかを近く決定する方針だと、北朝鮮の高官が15日に明らかにした。

 ロシア・タス通信やAP通信によると、北朝鮮の崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官はこの日、平壌で外国のメディアや外交官を対象に緊急記者会見を開き、米国との非核化交渉について北朝鮮指導部が中止を検討していると伝えた。

 崔氏は「われわれはどのような形であれ米国と妥協するつもりも、こうしたやり方の交渉をする考えもない」と述べた。また、ミサイルの発射実験と核実験の中断を継続するかどうかは全面的に金委員長の決定にかかっているとし、「短期間のうちに決定を下すだろう」と語った。金委員長が北朝鮮の今後の対応について、近く声明を発表する計画だとしている。

 報道によると崔氏は、先月末のトランプ米大統領と金委員長の首脳会談で何の合意もなかったことに対し、北朝鮮は深く失望したと語った。北朝鮮がこの15カ月の間、ミサイル発射実験と核実験を中断するなど変化を見せたことに対し、米国も相応する措置を取らないのであれば、妥協したり対話を続けたりする意思はまったくないと言明したという。

 崔氏は、米朝首脳会談の拡大会合に同席した米国のポンペオ国務長官とボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)が非妥協的な要求をしたせいで米国の態度が強硬になったとし、「彼らが敵対心と不信のムードをつくった」と責任を転嫁。このために「首脳会談が意味のある結果なく終わった」と主張した。

 また、米国が過剰な要求をしてかたくなな態度を見せたとしながら、「明らかなことは、米国が絶好の機会を逃したということだ」と述べた。「米国がわれわれとは非常に異なる計算を持っていることをはっきりと理解した」とも指摘した。

 一方で、トランプ氏については、ポンペオ氏らに比べて対話に積極的だったとし、「2人の最高指導者の個人的な関係は依然として良好だ」と述べた。首脳会談が物別れに終わった責任を米国の外交・安全保障トップに転嫁する半面、トランプ氏への批判は抑え、この先「トップダウン式」で問題解決を図る余地を残したとみられる。

 崔氏はただ、トランプ氏が米朝首脳再会談後の記者会見で北朝鮮が制裁の全面解除を求めたと発言したことについては、「全体の制裁解除を要求したことはない」と主張し、民間経済を締め付ける制裁に対してのみ解除を追求したと説明した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース