大気汚染による18年経済損失は4千億円 GDPの0.2%=韓国調査

【ソウル聯合ニュース】韓国の民間シンクタンク、現代経済研究院が17日に発表したアンケートの結果によると、微小粒子状物質(PM2.5)など大気汚染による昨年の韓国の経済損失は4兆230億ウォン(約4000億円)で名目国内総生産(GDP)の0.2%に相当することが分かった。

 同シンクタンクが先月18~28日に全国の成人1008人を対象に実施したアンケートによると、大気汚染関連の注意報が発令された日の一日あたりの損失額は1586億ウォンと推計される。昨年は全国平均で大気汚染関連の注意報が25.4日出された。PM2.5の場合、1時間の平均濃度が1立方メートル当たり75マイクログラム以上(環境基準は35マイクログラム以下)が2時間以上続く場合に出される。屋外での産業活動が出来なかったり、人々が外出を控えるため飲食店などの売り上げが減少したりした損失を算出した。

 大気汚染に備え購入したマスクの支出費用は1世帯あたり平均2万1260ウォンだった。前年より0.83%増加した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース