韓国の全羅南道知事 日本で投資誘致・交流拡大協議へ

【ソウル聯合ニュース】韓国南西部、全羅南道の金瑛録(キム・ヨンロク)知事は17日、日本との友好協力や投資誘致などのため、日本に向け出発した。5日間の日程で、大阪府、高知県、福岡県、佐賀県を訪問する。

 大阪では在日全南道民会や大阪韓国商工会議所と懇談会を行い、投資を呼びかける。また、今年に同道で開かれる世界韓商大会や国際農業博覧会などをPRする。

 18日には姉妹都市の高知県を訪れ、尾崎正直知事と産業・経済分野の交流拡大を話し合う。20日には福岡県で、主要旅行会社の代表らを招き、全羅南道の観光PR説明会を行う。友好協定を締結している佐賀県では山口祥義知事と海洋水産・産業分野の交流拡大を協議する。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース