対北制裁緩和 「実質的な非核化措置に掛かっている」=韓国外交部

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の金仁チョル(キム・インチョル)報道官は19日の定例会見で、対北朝鮮制裁の緩和問題について、「北がどれだけ実質的な非核化措置を取るかに掛かっている」との見方を示した。「米国の相応措置として段階別の制裁緩和が実現可能か」という質問に答えた。

 金報道官は、米国の立場について「今のところ完全な非核化完了後に完全な制裁解除が可能だという立場だと承知している」と述べた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース