北朝鮮への特使派遣 「必要になり得るが動きない」=韓国首相

【ソウル聯合ニュース】韓国の李洛淵(イ・ナクヨン)首相は19日、国会で行われた政治分野の対政府質疑で、北朝鮮への特使派遣計画に関し、「必要になり得ると思うが、今のところそれに関する動きはない」と述べた。特使を派遣する場合は事前協議が必要になるが、現段階で協議は行われていないと説明した。

 南北首脳会談の開催見通しに関しては、「方式や時期についてお話しするには早い。会談準備も現段階では行われていない」と答弁。一方で、「今は南北間で対話すべき局面だ」と強調した。

 2月末の米朝首脳会談が合意なく終わり、米朝関係が一段と冷え込んでいるなか、韓国政府は南北対話で情勢を好転させる方策を思案中とされる。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)は昨年、3回の首脳会談を行った。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース