南北連絡事務所 7週連続で所長会議開かれず

【ソウル聯合ニュース】韓国と北朝鮮が連絡チャンネルの一つである北朝鮮・開城の南北共同連絡事務所で毎週金曜日に開くことにしている南北の所長による会議が12日も開催されなかった。韓国統一部の李有振(イ・ユジン)副報道官が同日の定例会見で、「北側の田鍾秀(チョン・ジョンス)所長が今回の所長会議に出席できなくなったことを事前に通知してきた」と明らかにした。3月1日から7週連続で開かれないことになる。

 李氏によると、北朝鮮側は会議に出席できない理由には言及しなかった。

 この日、連絡事務所には韓国側所長の千海成(チョン・ヘソン)統一部次官が出向き、通常通り業務を進めている。北朝鮮側はキム・ヨンチョル臨時所長代理が勤務している。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース