故金日成主席の生誕記念日 閲兵式実施は「確認されず」=韓国国防部

【ソウル聯合ニュース】韓国の国防部関係者は15日に同部の定例会見で、北朝鮮が故金日成(キム・イルソン)主席の生誕記念日「太陽節」を迎え、閲兵式を実施する可能性について、「軍は北の動向を追跡、監視している」として、「今のところ確認されていない」と明らかにした。

 また、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が12日の最高人民会議(国会に相当)で行った施政演説で、韓米合同軍事演習再開の動きについて「非常に不愉快」と言及したことに関しては、「韓米演習は防衛的な訓練」として、「(昨年9月19日に署名された)南北の軍事合意に反しない」との認識を示した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース