覚せい剤使用疑いのユチョンさん 簡易検査で陰性反応

【ソウル聯合ニュース】韓国警察は16日、人気グループ、JYJのメンバーで俳優としても活動するユチョンさん(32)に対して行った薬物の簡易検査の結果、陰性反応が出たと明らかにした。

 京畿南部地方警察庁の麻薬捜査隊は、この日午前9時ごろからソウル近郊の京畿道・河南にあるユチョンさんの自宅などの家宅捜索を行い、ユチョンさんから毛髪と尿の任意提出を受けて簡易検査を行った。結果は陰性だったが、警察は毛髪と尿を国立科学捜査研究院に送り、正式な鑑定を依頼した。結果が出るまでは3週間程度かかる見通しだ。

 ユチョンさんは、薬物を使用した疑いでこのほど逮捕・送検されたファン・ハナ容疑者と、年初に覚せい剤を購入し同容疑者の自宅などで使用した疑いがもたれている。ファン容疑者は大手乳業会社・南陽乳業創業者の孫で、ユチョンさんの元恋人として知られる。

 警察によると、一緒に覚せい剤を使用したとするファン容疑者の供述とユチョンさんの当時の行動が大筋で一致しているという。また、昨年ファン容疑者と破局したと発表していたユチョンさんが、今年初めまでファン容疑者の自宅に出入りする場面を撮影した監視カメラの映像が確保されたと伝えられた。

 警察は家宅捜索での押収品を分析した後、ユチョンさんを17日午前10時に警察に出頭させて事情聴取する予定だ。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース