ソウル市内バス 通常運行=労使交渉妥結でスト回避

【ソウル聯合ニュース】ソウル市バス労働組合と会社側のソウル市バス運送事業組合は15日未明、労使交渉の調整案に合意し、労組が同日午前4時の突入を予告していた大規模なストライキを回避した。市内バスは全路線とも通常通り運行される。

 労使は長時間の交渉の末に、▼賃金の3.6%引き上げ▼定年の2年延長▼学資金など福祉基金の5年延長――を柱とする調整案に同意した。

 賃上げ率を巡る溝がなかなか埋まらなかったが、ストを回避すべきとの見解で一致し、土壇場で合意に至った。ソウル市も市民の足を乱してはならないと、仲裁案を示して双方の説得に努めた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース