ロッテ百貨店 ソウル・明洞にK―POP文化空間オープン

【ソウル聯合ニュース】韓国のロッテ百貨店は15日、ソウル・明洞の商業施設「ヤングプラザ」地下1階にK―POPファンのための複合文化空間を設置すると発表した。

 ロッテが総合コンテンツ大手、CJ ENMとタッグを組んで17日にオープンする「パレット」は、グッズの販売だけでなくアーティストの日常や考えをファンに伝える空間だ。

 2週間から1カ月ごとに韓国のトップ級アーティストの小規模な展示を行うほか、ライブ公演、インタビューなどを流し、ファンとアーティストが共に作り上げるスペースにする計画だという。

 アーティストの未公開映像や写真も公開する予定だ。

 ロッテは第1弾として17日から来月13日まで男性グループ、NU'EST(ニューイースト)の展示を行い、ミュージックビデオ撮影現場の様子を公開する。デスクマットなどのグッズも独占販売する。

 ロッテ百貨店の関係者は「これまで店舗ではアーティストとファンがコミュニケーションできる空間が不足していた」とし、「パレットがアーティストと直接・間接的にコミュニケーションできるK―POP文化空間として定着するよう努力する」と述べた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース