韓国女子プロゴルフのスポンサー市場規模 男子を大きく上回る

【ソウル聯合ニュース】韓国女子プロゴルフ(KLPGA)ツアーのスポンサーやテレビ中継権などの市場規模が、男子の韓国プロゴルフ(KPGA)ツアーに比べてはるかに大きいことが分かった。

 ユウォンゴルフ財団などが15日までに刊行した「韓国ゴルフ産業白書」によると、2017年にスポンサー市場規模はKLPGAツアーが850億6000万ウォン(約78億円)、KPGAツアーが551億9700万ウォンで300億ウォン近い開きがあった。

 スポンサー市場は大会のタイトルスポンサーやサブスポンサーの費用と広告収入、選手の用品スポンサー収入を合計して規模を算出する。白書は「韓国国内における男女プロゴルフの人気度の差を克明に表している」と指摘している。

 中継権料も17年基準でKLPGAツアーが80億ウォン、KPGAツアーは20億ウォンと4倍の差があった。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース