元警察トップを逮捕 選挙違法介入の疑い=韓国

【ソウル聯合ニュース】韓国検察は15日、朴槿恵(パク・クネ)前政権時代に国会議員選挙に違法に介入した容疑で、姜信明(カン・シンミョン)元警察庁長を逮捕した。逮捕状を発付したソウル中央地裁は「罪を犯したと疑われるだけの相当の理由がある。証拠隠滅の恐れもある」と説明した。

 ソウル中央地検は今月10日、2016年4月の国会議員総選挙で、朴槿恵氏に近い「親朴系」候補のために選挙情報を収集し、選挙対策を立てたとして、公職選挙法違反などの容疑で姜氏らの逮捕状を請求した。

 昨年10月には李明博(イ・ミョンバク)政権時代の警察による世論工作を指揮した容疑で、元警察庁長の趙顕五(チョ・ヒョンオ)容疑者が逮捕されており、今回再び元警察トップが逮捕された。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース