韓国「リアルメーター」世論調査、与党代表の一言で大変動

韓国「リアルメーター」世論調査、与党代表の一言で大変動

与党・共に民主党と野党・自由韓国党の支持率格差がここ1週間で大きく変動

ソウルでは支持率が逆転

 韓国の世論調査会社・リアルメーターが16日に発表した政党支持率で、与党・共に民主党と野党・自由韓国党の格差がここ1週間で1.6ポイントから13.1ポイントへと一気に拡大した。その1週間前に行われた同じ調査でリアルメーターは「両党の支持率の差が誤差の範囲に縮まった」と発表していたが、今月14日に共に民主党のイ・ヘチャン代表がこの調査結果について「おかしい」と指摘してから2日後、与党が望む通りの調査結果が発表されたのだ。

 自由韓国党は「政権与党代表の一言で世論調査の結果まで変わってしまう世の中になった」などと反発している。

 リアルメーターがTBS放送の依頼を受け今月13-15日に実施した政党支持率調査によると、共に民主党の支持率は43.3%、自由韓国党は30.2%だった。1週間前の7-8日に行われた同様の調査と比較すると、共に民主党は36.4%から6.9ポイント上昇し、自由韓国党は34.8%から4.6ポイント下がった。

 リアルメーターは「自由韓国党のナ・ギョンウォン院内代表が先日文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持者に対してヘイトスピーチのような発言をしたことや、黄教安(ファン・ギョアン)代表の5・18(光州事件)記念式典出席問題、花祭り(釈迦〈しゃか〉の誕生日)における黄代表の礼法問題などが一気に影響したようだ」などと説明している。しかし世論調査に詳しい専門家らは「国家的に大きな問題が発生したわけでもないのに、政党支持率がこれほど大きく動くのは前例がない」として疑問を呈している。

 中央選挙世論調査審議委員会に登録された資料によると、リアルメーターによる今回の調査と1週間前に行った調査では、標本の選定、調査方法、質問内容など何も変わっていなかった。回答率も6.5%で先週の6.6%とほとんど変わらなかった。回答者の政治的な立場以外に結果に影響を及ぼす要素は何もなかったのだ。

洪永林(ホン・ヨンリム)世論調査専門記者
前のページ 1 | 2 | 3 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 韓国「リアルメーター」世論調査、与党代表の一言で大変動

right

関連ニュース
あわせて読みたい