北朝鮮への人道的支援 スイスが先月500万ドル拠出

【ソウル聯合ニュース】スイス政府が北朝鮮に対する人道的な支援として、4月に498万5045ドル(約5億5000万円)を拠出した。国連世界食糧計画(WFP)を通じ北朝鮮住民の栄養支援などに用いられる。国連人道問題調整事務所(OCHA)の集計で22日、分かった。
 
 OCHAは各国政府や国連機関、非政府組織(NGO)などが提出した資料を基に、北朝鮮を含む国々への人道的支援の状況をまとめている。今年は1570万ドルが集まり、このうちスイスの拠出金が780万ドルで全体の49.6%を占めた。次いでロシア(400万ドル)、スウェーデン(244万ドル)、カナダ(57万ドル)の順だった。

 一方、国際赤十字・赤新月社連盟(IFRC)の最新の報告書によると、IFRCは昨夏に北朝鮮で起きた台風や洪水、土砂崩れで被害を受けた住民を支援するために計61万6932スイスフラン(約6700万円)を用いた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース