旧日本軍の慰安婦問題解決へシンポ 論文を公募=韓国支援施設

【広州聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦被害者を支援する韓国の施設「ナヌムの家」(京畿道広州市)は23日、「日本軍『慰安婦』問題解決に向けた学術シンポジウム」を開催するとし、これに向け関連論文を公募すると発表した。

 論文テーマとしては「日本軍『慰安婦』問題の解決策」「日本軍『慰安婦』問題の国際社会における認識」などを例示した。A4用紙12枚前後の論文を9月20日まで募集する。審査を経て、11月9日に開くシンポジウムで5本を選定し、表彰する。

 ナヌムの家は選定作をまとめた学術誌も発刊する計画だ。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース